ダイヤモンドのカットの種類

多くの女性が一度は憧れるダイヤモンドですが、その美しい輝きをより強くするために重要なものがカットですね。しかし実はダイヤモンドのカットの種類というのは非常に多く、一説にはいくつあるのかわからないとすらいわれているのです。
ではなぜそのようにたくさんのカットがあるのかというと、簡単にいってしまえば原石のサイズがそれぞれ異なるためです。どれだけ原石のサイズを活かしつつ綺麗にするかといった点が重要視されるのですね。しかし中にはこのデザインが良いのだといったようにサイズを度外視してカットされるものもあるなど、好みが尊重されることもあるようです。
そんなダイヤモンドのカットの種類ですが、最も有名なものといえば恐らくラウンドブリリアントカットでしょう。指輪などに用いられることが多いこのカットは最も美しい輝きを放つカットであるともいわれています。ラウンドブリリアントカットと似たものにオーバルブリリアントカットがありますが、こちらはオーバル、つまり楕円の形をしているものです。
ブリリアントカットには他にもティアドロップ型ともいえるペアーシェープブリリアントカットやハートの形をしたハートシェイプブリリアントカットなどもあります。
この他にもジルコンやエメラルドなど他の宝石の名前を冠したカットであったり、マリーゴールドやダリアなど花の名前が付いているカットなどもあります。ダイヤモンドを見てすぐにカットを言い当てるのは難しいかもしれませんが、知識として持っておくのもおもしろいかもしれませんね。